洋服のサイズはいろいろ

洋服のサイズはいろいろ

 

洋服のサイズって本当にいろいろありますよね!

 

「Mサイズ」といってもブランドによってサイズは異なります。
このブランドだとMサイズがちょうどいいけど、このブランドだとLサイズじゃないと入らない!ということも珍しくはないでしょう。

 

なぜ違うのかというと、ブランドの特色や国、男女別などで違うからです。

 

わかりやすいのが男女の差ですよね。
男性のMサイズは女性のLサイズくらいが多いでしょう。

 

国によってももちろん違います。
日本人とアメリカ人では体型が違うので、アメリカで販売している洋服を買うと通常よりも大きく感じてしまうのではないでしょうか。

 

たとえばMサイズ。
日本ではMと記載されていることもありますし、11号と記載されていることもあります。

 

アメリカではMサイズに該当するのが36というサイズになっています。
Lサイズは38、Sサイズは34です。

 

イギリスのMサイズは12、ドイツのMサイズは38、似たような数字の場合もありますし、全く違う場合もあるのです。

 

このサイズはどのくらいなの?と悩んだときは、各国のサイズ別表記とブランドの国を考えて計算をしてみると良いでしょう。
そうすれば、自分がどのサイズを買えばよいのかがわかります。