オフィスカジュアルの足元マナー

オフィスカジュアルの足元マナー

 

リクルート 靴

 

オフィスカジュアルで、油断しがちな部分が足元です。

 

特に新入社員の人はオフィスカジュアルのルールをしらずに服装を選んでしまう可能性があるでしょう。

 

足元にはどんなマナーがあるのでしょうか。

 

 

足元は、基本的にストッキングもしくはタイツが必須となっています。

 

暑くても寒くても、生脚やタイツは控えるようにしましょう。

 

 

社会人になるまでストッキングをあまり履いた事がないという人もいるかもしれませんが、どんなスカートスタイルでもストッキングを着用するのがルールとなっています。

 

 

また、最近はレギンスやトレンカが流行っています。

 

しかし、会社によってはレギンスもトレンカもカジュアル過ぎるため好ましくないと思う人が多いでしょう。

 

 

親しい先輩に聞いたり、先輩の服用を観察してどこまで着用して良いのか見極める様にして下さい。

 

 

足元は、ほとんどの場合がヒールでしょう。

 

この時、細すぎるヒールや高すぎるヒールは好ましくありません。

 

ウエッジソールもオフィスカジュアルという雰囲気ではないでしょう。

 

高さは5cmから7cm程度が良いのではないでしょうか。

 

 

ヒールが履きなれていない人もいると思います。

 

場合によってはぺたんこのパンプスが良い場合もありますが、スニーカーはおすすめできません。

 

 

こちらから=おすすめOLシューズ